ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
新車 2018.12.01更新

☆更新2019.4.2☆OUTLET
☆中古車・中古パーツ 2019.4.8更新☆
カーボンパーツ(&プロテクタ)
軽合金サイドスタンド
プラグ
エアークリーナー
チェーン
ステップ
レバー
レバー(AJP)
レバー(BRAKTEC)
レバー(NISSIN)
レバー(グリメカ)
ワイヤー式レバー
フロントフォークシール
マスターシリンダー&キャリパー
ブレーキPAD
サスペンション
ホイール F/Rスプロケット
各車共通
キャブレター&関連パーツ
その他バイク 旧型車
デカール(ステッカー)

Vertigo
RTL-F/cota4RT/4RIDE
RTL-R/cota315R
Evo-2T/4T
BETA REV3/4T
BETA Techno以前
GASGAS TXT-PRO
GASGAS ランドネ
GASGAS TXT以前
SHERCO
TYS125Fシリーズ
TRRS
SCORPA
SCORPA SY250
OSSA
JTG
その他バイク 旧型車

JITSIE

バイクトライアル(CROSSBOW JITSIE COMAS)
OSET

S3
タイヤ関連PARTS
ハンドル関連PARTS
整備・トライアル用品
パドック用品
各種ボルト
軽量パーツ

POGGIPOLINIアルミボルト
ツートラパーツ
チューニング&O/H
HONDAトレール・エンデューロ(XR230 SL230 CRF250)
YAMAHAトレール・エンデューロ(セロー・トリッカー・TTR125)
MX/Endlro汎用

GASGAS純正部品


新着順(最新の商品はこちら)
価格順(値段調整にお使いください)
カートの中身を見る

» カートの中身を見る


名前

三谷知明

メモ

ご覧いただきありがとうございます。 豊富な在庫から即日配達ができるように準備しています。 在庫が無い場合は早急に手配しますので宜しくお願い致します。 消費税の関係に伴い価格表示を変更しています。文章に入っている金額及び送られてくる商品の表示金額は通常の金額と違う場合があります。買い物かごに入る金額が本当の金額となりますのでご理解いただけるようよろしくお願いいたします。 日曜日は定休日です。 日曜以外での臨時休業日 祝日 イベントの日  出張が多くご迷惑をおかけしますが何卒宜しくお願い致します。 4月13日14日 全日本トライアルR-1 開幕戦 近畿大会 湯浅 4且15日 全日本トライアルお片付け休暇日 4月21日 上石津モーターサイクルスポーツガーデン 会場整備 4且27日28日 j-siries 1 妙楽寺 開幕戦    中部選手権 てんてんご〜 5月4日〜6日 GW休暇 5月11日12日 全日本トライアルR-3 宮崎 5月18日19日 中部選手権トライアルR-5 主催 (上石津) 5月25日26日 全日本バイクトライアル 佐久 6月2日 中部選手権トライアルR-6 山口パーク 6月6日〜6月10日 世界選手権トライアル日本大会 MOTEGI 休暇 6月16日 中部選手権トライアルR-7 妙楽寺 6月22日23日 全日本トライアルR-3 MOTEGI大会 6月29日(土) トラモトイベント in AEON鈴鹿市 7月12日〜16日 全日本トライアルR-4 和寒  7月15日(月) GATTIトライアルスクールin北海道 定休日:日曜日(全日本やイベントの時は、土曜 月曜も休みの場合があります) 振込口座 百五銀行 平田町駅前支店 普通840234 株式会社ミタニ ゆうちょ銀行 記号12260 番号 5159161 株式会社ミタニ ゆうちょ銀行振替口座 口座記号番号 00820-8-158955 株式会社ミタニ ジャパンネットバンク 本店 8342703 三谷知明 ミタニトモアキ


店長日記はこちら

サイトマップ
携帯メールでご注文の皆様へのお願い。
トライアル百科・小川毅士の前向きなバックを学ぶ(スタンディングスティルも)
販売価格

1,886円(税込2,037円)

購入数


トライアル百科・小川毅士の前向きなバックを学ぶ(スタンディングスティルも)


マシンを止めて、バックする。現代のトライアルでは減点とされるテクニック。しかしトップライダーはみな、バックが上手です。スタンディングスティルも当たり前にぴたりと決めます。できないより、できたほうがいい。テクニックの幅、トライアルの幅が広がります。特にバックは、バランス感覚を養う上ではとっておきのテクニック。そしてこんな練習こそ、からだが小さかった毅士少年が精を出しておこなっていたトレーニングなのです。

バックのテクニックは、曲芸みたいに思われることが多い。まして今は、セクショントライ中にバックしたら5点となる。やってはいけないテクニック、やると損するテクニック、バック。しかし5点になるというのと、その技術はないほうがいいというのはちがう。

その証拠に、トップライダーでバックがまったくできない人なんていない。上手なライダーは、するするとバックする。それくらいのバランス感覚と、バックするための操作感覚を持っている。サンデーライダーであっても、その感覚を持つのは損なことではない。

バックしかできないライダーになってしまうのは困りものだが、バックもするするできるライダーになれれば、それに越したことはない。あわせて、バックをするために必要なスタンディングスティルテクニック。世界選手権がノーストップルールとなった今、スタンディングスティルも敬遠されるテクニックとなりつつある。

しかしあえて今、バックとスタンディングを練習する。その練習を積むことで、あなたのトライアルは確実に進歩する。押してもだめなら引いてみな。幅が広いトライアルを、身につけよう。

<CONTENTS>

◎スタンディングの基礎教室
◎ハンドルによるバランス修正
◎スタンディングしやすいポジション
◎より実戦的なスタンディングの考察
◎主にステップの踏み替えで斜面をバック
◎バック中のブレーキ操作
◎初歩的練習方法から
◎バックしながらのハンドル操作方法
◎サスペンションを使って平地でバックする方法
◎ジャックナイフを利用するバック
◎自転車トライアルのバック
◎バックにホッピングが有利な理由
◎後ろは見てますか?
◎セクションで利用するバック(ルール的にNGですが)
◎高等技・エビバック
◎あえてバックを練習する意味とは

DVD 44分


Check

この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける