ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら

新着順(最新の商品はこちら)
価格順(値段調整にお使いください)
カートの中身を見る

» カートの中身を見る


名前

三谷知明

メモ

ご覧いただきありがとうございます。 豊富ない在庫とネットワークで早急にご注文の対応をさせていただきます。 消費税の関係に伴い価格表示を変更しています。文章に入っている金額及び送られてくる商品の表示金額は通常の金額と違う場合があります。買い物かごに入る金額が本当の金額となりますのでご理解いただけるようよろしくお願いいたします。 日曜日は定休日です。 日曜以外での臨時休業日 祝日 イベントの日  10月14-15日 J-SIRIES R-3 岐阜 関市 10月21日 鈴鹿大学 ランニングバイクイベント 10月22日 中部選手権トライアルR-9 静岡 てんてんご〜 10月28日29日 全日本トライアル R-7 東北SUGO 11月5日 感車祭 中部日本自動車学校 ナゴヤ AKIRA&KO-JI 定休日:日曜日(全日本やイベントの時は、土曜 月曜も休みの場合があります)


店長日記はこちら

サイトマップ
携帯メールでご注文の皆様へのお願い。
GEKOK バイクトライアル19インチ リアタイヤ 新製品
販売価格

6,900円(税込7,452円)

購入数



19inリム対応

19”x2.5
805g

ショルダー幅:--mm
高さ:--mm
(リム幅48mm使用時)


 ROCKMANがパーツブランドとしてプロデュースする【OBR = Owned By Riders】から第一弾として、20inのリアタイヤが登場です。

Try-allをアレンジした様なブロックパターンですが、ブロックを低めにデザインする事で安定感の強化を狙った様子。ブロックの感覚もやや広めとすることでブロックを少な⇒軽量化を意識したデザインになっています。
メーカーとしては、「更に軽量化したいならブロックの上部を切り取ってちょうだい」というスタンスらしく、「2段積み」という雰囲気のブロックになってます。まぁ、使ってりゃ削れて勝手に軽量化されるんですけどね。

サイドウォールはMONTYより厚めだけど、(故)Try-allよりは薄めという中間的な設定。それでも、内部をMONTYともTry-allとも違う設計とする事で、今までにないボヨンボヨン感があるので、 「とりあえず、タイヤの反発がどんなものか知りたい!」というライダーさんには最適なタイヤです。

MONTYもMAXXISも、それぞれに良いポイントはあるけど、この【GEKOK】の魅了は独特&強烈なものがあるので、20in乗りのライダーさんには一度試してみて欲しいタイヤですね。
「Try-allが好きだった(:_:)」というライダーさんには間違いなく気に入ってもらえると思います。

以下、プロトタイプのテストを実施してくれた寺井一希のコメントです。

--------------------

空気圧にもよりますが、反発は割と速めです。
モンティよりは少し遅く感じますが、後半の伸びはかなりあります。 タイヤがグーっと押してくるのがわかる位です!
空気圧を低めで使えばボヨンボヨンして小さな力で大きく飛びやすく反発もマイルド。後半の伸びも少なくなります。
反発が強い感じがするので飛び降り等で止めるのに少し苦労しますが、その分リア位置の僅かな位置までしっかり把握しやすいです。

ブロックのパターンがいいのかグリップもとてもいいです。
タイヤのサイドウォールのコシのおかげか、不安定な場所からも安心してしっかり踏みきれるし、よじれて変な所に飛んでいく事もないですね。

寺井 一希



Check

この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける